Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 多摩川精機株式会社

東京都

多摩川精機株式会社

小型衛星用クローズドループ式干渉型光ファイバジャイロ慣性基準装置(iFOG)

IoT・電子・AI

クローズドループ式干渉型光ファイバジャイロを採用し高精度化を実現

小間 J10-NI
プレ n0830_1_1105
実用化支援

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
IoT・電子・AI
小間番号
J10-NI
プレゼンテーション
n0830_1_1105
2019年8月30日(金)
NEDOプレゼンテーションエリア
11:05 - 11:10

出展概要

製品・技術の名称
小型衛星用クローズドループ式干渉型光ファイバジャイロ慣性基準装置(i-FOG)

 

展示の概要
多摩川精機は2017年度に経産省宇宙環境信頼性実証システム(SERVIS)プログラムにてi-FOGを使用した小型人工衛星用慣性基準装置(IRU)のプロトタイプを製造し、2018年度には同プログラムNEDO交付金事業にてプロトタイプに対する環境試験を実施しました。本展示では環境試験結果を含め、プロトタイプ品の紹介を行います。

 

コアの技術・特許情報
多摩川精機では従来よりオープンループ方式の光ファイバジャイロを製造しており、小型人工衛星分野をはじめ、車両、船舶等で多くの使用実績があります。クローズドループ方式に使用する光学素子(IOC)についても自社生産が可能であり、従来の光ファイバ技術(自動巻線や検出回路)とあわせて、高品質なi-FOGを構成することが可能です。
また、当社は古くより航空、宇宙、防衛分野にコンポーネントを提供しており、対環境性を鑑みた設計が可能であるとともに、民需分野では自動車用角度センサをはじめとし、量産化技術と低価格化技術を有しています。

 

特徴・ポイント
当社製i-FOGは自動車分野への展開も見据えており、今後の量産効果による低価格化が見込まれます。また、本IRUのソフトウェアも自社開発しているため、柔軟に仕様変更が可能です。これに従来のFOG IRU技術をあわせ、低価格、高精度、入手性、仕様の柔軟性に富んだ小型人工衛星用IRUを提供することが可能です。

 

ビジネスマッチング希望内容
i-FOGは小型人工衛星用IRUのほか、(加速度計、GNSS受信機とあわせる等して)ロケットをはじめとした移動体の位置・速度・姿勢検出に使用することが可能です。人工衛星分野のみならず、移動体のセンシングをご検討されている企業様、研究機関様にご覧いただきたく、お願いいたします。

 

主な実績
<実績及び応用例>
宇宙・航空・船舶・農業機械・建機等の姿勢制御及び慣性航法装置

 

 

i-FOG慣性基準装置/i-FOG Inertial Reference Unit

お問い合わせ先

多摩川精機販売株式会社 開発営業本部 特機営業部

メールアドレス:yuri-yano@tamagawa-seiki.co.jp

電話:03-3731-2131  

URL:https://www.tamagawa-seiki.co.jp/contact/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop