Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 マテリアルサイエンス系

北陸先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 マテリアルサイエンス系

HO ANH VAN 准教授

ロボットの全腕・全身における触覚機能を備えた技術

装置・デバイス
小間 M-31
プレ 0829-A-39

Japan Advanced Institute of Science and Technology Associate Professor Ho Anh Van

Tactile Sensing Technology for Robot's Whole Body

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

11 住み続けられる まちづくりを
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-31
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-39
2019年8月29日(木)
会場A
14:15 - 14:20

展示概要

技術概要
本触覚装置は、ロボットの腕の一部を構成して他の物体との接触の有無、その位置及び変位・圧力を検知できます。接触・圧力を検知するため、柔軟な略円筒状の内膜に規則的に配置されたマーカが、内蔵された同軸のステレオカメラ(2個)に画像を取られて、画像データから処理されたマーカの3次元位置を算出されることで接触状態を判別します。また、内膜の剛性行列に基づいてマーカの変位から圧力を推定することもできます。その結果、大規模で同時発生の多数の接触点における変形分布・圧力分布を高精度に測定することができます。

想定される活用例
・ロボットの全身・全腕の触覚への実現
・人間と協調できるロボット(セル生産方式・サービスロボット)
・ゲーム、VRにおける触覚検知・触覚提示への応用
・義手・義腕などの触覚スキンとして備えることが可能

 

展示のみどころ
本展示ブースで作成された柔軟な触覚装置を実際に触れて動作を確認いただけます。そして、試作に当たった工程(造形方法や処理方法など)も一部公開されます。さらに、複数のセンシングモジュールから構成された全腕触覚ロボットアームのデモンストレーションをさせていただきます。

 

全腕触覚ロボットアームのモジュラーの構成 / Construction of a whole-body tactile sensing robot-arm modular

モジュラーのスキンの変形モデルの構築 / Deformation of the soft skin under contact

特許情報

特許情報1 発明の名称
触覚検知装置及び触覚検知方法
特許情報1 出願人
北陸先端科学技術大学院大学
特許情報1 発明者
ホ アンヴァン、ヅオン ヴァン ラク、朝比奈 励
特許情報1 出願日
2019年02月05日
特許情報1 出願番号
特願2019-018391

お問い合わせ先

HO Anh-Van

メールアドレス:van-ho@jaist.ac.jp

電話:0761-51-1584   FAX:0761-51-1449  

URL:http://www.jaist.ac.jp/ms/labs/vanho/index-e.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop