Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 福岡大学 工学部 電気工学科

福岡大学 工学部 電気工学科

辻 聡史 助教

協調ロボットの安全対策のための近接覚センサ

装置・デバイス
小間 M-66
プレ 0829-A-62

Fukuoka University Assistant Professor Satoshi Tsuji

Proximity sensor of cooperative robots for safety

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
装置・デバイス
小間番号
M-66
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0829-A-62
2019年8月29日(木)
会場A
16:30 - 16:35

展示概要

技術概要
ToF・静電容量複合センサを提案します。ToF(Time-of-Flight)センサは距離検出が可能でZ軸の検出範囲が広いが、近距離における検出精度やX-Y方向の検出範囲が狭い課題があります。一方、自己容量近接センサは、近距離の検出感度が高いが、距離検出が難しくZ軸の検出距離が短い課題があります。そこでToFセンサと自己静電容量近接センサを組み合わせることにより広範囲に高感度で近接測定が可能になり、有用なシステムと考えています。また、異なる原理の測定により信頼度が向上すると考えます。

想定される活用例
・協調ロボットの安全のためのセンサ
・無人搬送機の安全のためのセンサ
・ヒューマノイドロボット
・車いすの安全のためのセンサ

 

展示のみどころ
試作したセンサのデモを行います。そのセンサによりリアルタイムに対象を近接測定及び接触検出ができることを示します。更にロボットに実装した試作センサの測定の様子を動画で紹介します。

特許情報

特許情報1 発明の名称
ロボットセンサ
特許情報1 出願人
学校法人福岡大学
特許情報1 発明者
辻 聡史
特許情報1 出願日
平成30年9月28日(2018.9.28)
特許情報1 出願番号
特願2018-185211

お問い合わせ先

福岡大学 産学官連携センター

メールアドレス:sanchi@adm.fukuoka-u.ac.jp

電話:092-871-6631   FAX:092-866-2308  

URL:http://www.sanchi.fukuoka-u.ac.jp/sangakukan/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop