Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 福岡大学 工学部 化学システム工学科

福岡大学 工学部 化学システム工学科

重松 幹二 教授

漢方薬でバイオエタノールの製造コストを下げる

低炭素・エネルギー
小間 E-45

Fukuoka University Mikiji Shigematsu

Cost down of bioethanol production by adding of kampo (herbal medicine)

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
低炭素・エネルギー
小間番号
E-45

展示概要

技術概要
マオウを含む漢方薬エキスや廃棄される抽出残渣の添加で酵母によるエタノール発酵速度を2倍以上促進させることができ、コストダウンが図れます。また、発酵阻害物質を含んでいても発酵が維持しますので、阻害物質の除去、原料の分別、前処理などの工程の簡素化もできます。その結果、安価だが発酵阻害物質を含む原料である廃糖蜜でも、通常より高濃度で発酵を進めることができます。また、至適温度や至適pHからずれても発酵を継続させることができますので、発酵条件を緩和させることができます。

想定される活用例
・生産性の向上、小規模化
・発酵阻害物質の除去、原料バイオマスの分別、前処理工程などの簡素化
・漢方薬残渣の有価物化

 

展示のみどころ
発酵促進剤である漢方薬残渣を数種類展示する。おそらく何の変哲もない植物粉末を数%添加するだけで、アルコール発酵速度が大きく向上することに驚かれると思われる。飲料や食料の発酵に応用展開するときの添加方法などについて、実物を見ながら食品業界からの意見を伺いたい。

特許情報

特許情報1 発明の名称
エタノールの製造方法および発酵促進剤
特許情報1 出願人
学校法人福岡大学
特許情報1 発明者
重松幹二、正本博士、松山雅子、田中亜依
特許情報1 出願日
平成30年10月23日
特許情報1 出願番号
特願2018-199484

お問い合わせ先

福岡大学 産学官連携センター

メールアドレス:sanchi@adm.fukuoka-u.ac.jp

電話:092-871-6631   FAX:092-866-2308  

URL:http://www.sanchi.fukuoka-u.ac.jp/sangakukan/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop