Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 長崎県立大学 国際社会学部 国際社会学科

長崎県立大学 国際社会学部 国際社会学科

森田 均 教授

路面電車網から構築する統合型インフラ構想STINGの進展

超スマート社会
小間 S-16

University of Nagasaki Professor Hitoshi Morita

ICT integrated infrastructure STING constructed with tram network revisited

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
超スマート社会
小間番号
S-16

展示概要

技術概要
Bluetooth LEビーコン、GPS等を駆使して構築した路面電車網沿線のナビゲーションシステムを基礎として交通「T(ransport)」と情報通信「I(nformation) N(etwork)」にエネルギー網「G(rid)」を加えて構築する統合型インフラSTING構想の提案と現状報告を行う。これにより電車網が人を運ぶのみならず、情報通信の担い手にもなり、路面電車の電力網が街の電力網と調和する。STING構想は様々な地域で人に優しく災害に強い街づくりに寄与することを、最終的な目標としている。

想定される活用例
・自治体やNPO等によるまちづくり、まちおこし
・歩行に支援を必要とする方々の移動
・観光客等、歩行者のまちなか回遊支援

 

展示のみどころ
路面電車の停留所位置、車両現在地、進行方向のみならず、移動する利用者の目的地まで正確に案内するためにBluetooth LEビーコン、GPS及びNFCタグ等を駆使してデータ収集と情報発信を行い、ユーザー端末用アプリや停留所設置デジタルサイネージに投影することよって長崎市内中心部における回遊のためのナビゲーションの実際を模型で展示。移動・IT・エネルギー網の統合インフラSTINGの構想を説明します。

 

路面電車低床車両位置情報配信サービス「ドコネ」

本研究の基礎:路面電車低床車両位置情報配信サービス「ドコネ」 / Web DOKONE: Tram location service

STING構成図

STING構成図 / integrated Service of Transport, Information Network & Grid

特許情報

特許情報1 発明の名称
ナビゲーションシステム
特許情報1 出願人
長崎県公立大学法人
特許情報1 発明者
森田 均
特許情報1 出願日
2017年2月28日、2018年9月13日(公開)
特許情報1 出願番号
特願2017-37002、特開2018-141730

お問い合わせ先

長崎県立大学

電話:095-813-5500   FAX:095-813-5220  

URL:http://sun.ac.jp/

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop