Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 東北大学 マイクロシステム融合研究開発センター

東北大学 マイクロシステム融合研究開発センター

平野 栄樹 准教授

人不足や苦役を救うための集積化センサ技術によるロボット用触覚センサモジュール

情報通信
小間 I-03
プレ 0830-B-07

Tohoku University Associate Professor Hideki Hirano

Tactile sensor module of next generation robots by using MEMS-LSI integration technology for solving human resource shortage and drudgery

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

9 産業と技術革新の 基盤をつくろう
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
情報通信
小間番号
I-03
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-07
2019年8月30日(金)
会場B
11:05 - 11:10

共同研究者

東北大学 マイクロシステム融合研究開発センター
准教授 室山 真徳

東北大学 工学研究科
教授 田中 秀治

展示概要

技術概要
ロボットの手腕部分だけでなく広範囲に多数の超小型触覚センサを取付け,人のような皮膚感覚を持たせられる技術を提案しています。生産現場や流通現場の自動化に加え,介護施設などでの安全ややさしさが求められており,ロボットの力加減を適切に調整できる触覚センサの実用化を進めています。MEMS(微小電気機械システム)技術による3軸力センサと,多数のセンサを制御できる専用LSI(センサ・プラットフォームLSI)をワンチップ化し,生物の感覚器官をモデルにした閾値動作,順応などの機能を実現し,社会実装を進めています。

想定される活用例
・人と協働/共存できる人の皮膚感覚を備えた産業用ロボット/介護ロボット
・遠隔作業用の感覚センサシステム
・次世代アミューズメント
・高品質かつ大量なセンサデータ生成と人工知能・機械学習との融合

 

展示のみどころ
超小型高性能な触覚センサチップとそのモジュールおよび,センサを設置したロボットアームの展示を行います。触覚センサチップにも内蔵されている独自開発のセンサ・プラットフォームLSIを活用したマルチセンサシステムも展示します。
面分布設置可能な触覚センサをはじめ,高性能かつ柔軟なセンサシステム構築の可能性を体験頂けます。産業利用にも検討頂ける仕上がりです。

 

提案するソリューション / Proposed solution

応用例 / Application examples

お問い合わせ先

東北大学 田中(秀)研究室 平野栄樹

メールアドレス:hirano@mems.mech.tohoku.ac.jp

電話:022-795-6937   FAX:022-795-6935  

URL:http://www.mems.mech.tohoku.ac.jp/index.html

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop