Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 筑波大学 生命環境系  

筑波大学 生命環境系  

坂本 和一 准教授

若さと健康長寿に働く生理機能因子の探索と応用〜予防医学と抗老化〜

ライフサイエンス
小間 L-11
プレ 0830-A-20

University of Tsukuba Associate Professor Sakamoto Kazuichi

Characterization and application of bio-active factors acting on protective medicine and anti-aging--Longevity Genes and Health--

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
ライフサイエンス
小間番号
L-11
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-A-20
2019年8月30日(金)
会場A
12:20 - 12:25

展示概要

技術概要
健康長寿をテーマに予防医学やアンチエイジングに働く新規機能物質(因子)の探索と機能メカニズムの解析を行っています。線虫などのモデル生物を用いて、長寿遺伝子(サーチュイン)活性化と生理・薬理効果の関連を指標に、ファイトケミカルや植物抽出物、発酵食品、微生物由来の生理機能物質や機能性因子の探索と解析を行っています。様々な企業と連携し、食品や化粧品、医薬品の開発を行う。さらに、住宅や設備、自動車、家電などへの応用研究も行っています。

想定される活用例
・機能性に特化した食品、化粧品、家畜飼料や医薬品の開発
・次世代農業法の開発、輸出に特化した農産品開発
・予防医学やヘルスケアに特化した家電、住宅、自動車、衣料などの開発

 

展示のみどころ
予防医学やアンチエイジングに向けた新規機能物質の事例の紹介。さらに、QOLの向上に向けたヘルスケア製品の提案例の紹介。

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop