Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Innovation Japan 2019 イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
イノベーションが創出する未来の新産業!国内最大規模!産学マッチングのチャンス 入場無料
Home > 出展者一覧 > 九州工業大学 大学院 情報工学研究院 知能情報工学研究系

九州工業大学 大学院 情報工学研究院 知能情報工学研究系

齊藤 剛史 准教授

バリアフリーな会話の未来を目指して:読唇技術によるサイレント音声認識

情報通信
小間 I-40
プレ 0830-B-26

Kyushu Institute of Technology Associate Professor Takeshi Saitoh

Toward a Barrier-Free Communication: Silent Speech Recognition by Lip Reading

小間:小間番号   プレ:プレゼンテーション番号

3 すべての人に 健康と福祉を
出展ゾーン
大学等シーズ展示ゾーン
出展分野
情報通信
小間番号
I-40
大学等シーズ展示ショートプレゼンテーション
0830-B-26
2019年8月30日(金)
会場B
13:00 - 13:05

展示概要

技術概要
病気等で声を失った方などと円滑にコミュニケーションを取るために、音声を使わずに唇の動きのみで発話内容を読み取る読唇技術があります。読唇技術は、次世代インタフェースの一つとして注目されています。本研究では、読唇技術の実用化を目指し、大規模発話シーンと深層学習を用いてスマートフォンやタブレットなどで体験できるデモンストレーションシステムを開発しました。読唇技術は、障害者のコミュニケーション支援のみでなく、音声認識の補助、映像情報のみからの音声の復元やバイオメトリクスなど様々な応用が期待されています。

想定される活用例
・障害者・高齢者のコミュニケーション支援
・スマートデバイスやPCでの入力装置
・カーナビゲーションの入力装置
・バイオメトリクス認証
・雑多な音声環境や音声が収録できない環境における会話解析

 

展示のみどころ
タブレットやスマートフォンを持ち込み、開発した読唇技術のデモンストレーションを入場者に体験していただけるようにします。本技術の使用感、精度などを実際に体験していただき本技術の有用性、使用対象などについて検討して下さい。

詳細は下記URLを参照して下さい。
https://demo.slab.ces.kyutech.ac.jp/VSR/index.html

 

読唇技術デモンストレーションアプリLiP25wの画面 / Operation screen of LiP25w

読唇技術デモンストレーションアプリLiP25wの認識結果画面 / Recognition result screen of LiP25w

特許情報

特許情報1 発明の名称
文字列入力装置
特許情報1 出願人
国立大学法人九州工業大学
特許情報1 発明者
齊藤 剛史,飯沼 眞紀
特許情報1 出願日
2015年5月28日
特許情報1 出願番号
特願2015-108708
特許情報2 発明の名称
コミュニケーション支援システム
特許情報2 出願人
国立大学法人九州工業大学
特許情報2 発明者
齊藤 剛史
特許情報2 出願日
2011年8月24日
特許情報2 出願番号
特願2011-182594

お問い合わせ先

齊藤剛史

メールアドレス:saitoh@ces.kyutech.ac.jp

URL:http://www.slab.ces.kyutech.ac.jp

プライバシーポリシー
© 2019  イノベーション・ジャパン2019運営事務局

PageTop